sin-neta日記

生活に役立つ様々なネタを提供しています!

DIYとは

DIYという言葉を聞いた事がありますか?Do It Yourselfの略で、直訳すると"自身で行う"、つまり日曜大工のこと。

 

本来の日曜大工は家具を木材から作ったり、モルタルから地面をコンクリートにしたりするレベルのことを指しましたが、現在では組立家具や水まわりの部品交換程度の内容もこれにあたります。

 

DIYには資格がありDIYアドバイザーというものがあります。DIYアドバイザーは電動工具の使い方やモルタルの配合比率、左官関係や水回りの扱い方などのノウハウがあり、主にホームセンターで活躍される資格です。

 

ではDIYが出来るとどのような局面で役に立つのか。身近なところでは、自分で自由に採寸した家具を造り付け出来る点。相応の強度も考えなければなりませんが、設置したいスペースに合った家具を作る事が出来ます。

また、自由なデザインが出来ること。

自由に塗装をすることで、コンセプトに合った理想の物が手に入ります。

 

当然ながらデメリットもあります。

造った物への保証が無い事。強度や安全性を含め、全て自己責任ですから、充分に配慮した設計が必要になります。

また賃貸住宅などでは、契約終了の際に現状復帰させなければならない為、予め意識した範囲内で進める必要があります。

 

DIYには発想力も必要です。

何も無いところに自身がイメージしたものを作り上げていく訳ですから、デザイン性も含めイメージ出来なければならず、またそれらをイメージ通りに作り上げていけるかどうかも関係してきます。イメージと合わない場合の2次案が無ければ全て台無しになる可能性もあります。

 

但し、造り上げた際の喜びは苦労の分だけ大きいといえます。理想のサイズとデザインで完成する訳ですから、それ以上の満足感はない筈です。

 

皆さんも一度試してみては如何でしょうか。

生活のお役に立てば幸いです。