sin-neta日記

生活に役立つ様々なネタを提供しています!

英語の勉強法(PART1: 段階と種類に分けて考える)

私は純日本人で英語を学習し外大卒業後5カ国の言葉を習得し大手商社で働いてきました。今では世間話まで英語で出来るようになりましたが、今回はそんな学習英語から習得した学習法を紹介していきます。

 

PART1では段階と種類に分けて考える事をテーマとしています。どう言う事かというと、段階を初級、中級、上級に分けてそれぞれの学習法を変えます。(アルファベットやそれぞれの発し方を覚えた前提で)初級は「簡単な挨拶」から始まります。レベル1は"こんにちは"や"ありがとう"など、1〜2語程度の挨拶です。レベル2は初対面での簡単な質疑応答。名前・出身国や趣味、日付を聞くなど、一言単位のやり取りです。レベル3は限られた内容の説明が入ります。道案内をしたり自己紹介をしたりといった内容です。以上レベル3迄が初級レベルです。

 初級は文法を考えながら話すのではなく、ただ決まった会話のやり取りを記憶して話します。つまり、初級は"英会話"スタイルで覚えていきます。海外留学ベースでは1ヶ月程度滞在して習得出来るイメージです。

 次に中級。ここからは文章の組み立てや順序を考えながら話していきます。英語で言えば5文型、時制(現在形・過去形・未来形)、疑問文・命令文、TO 不定詞、動名詞など、中学英語の範囲です。あくまで自分自身が知り得る範囲内での会話のキャッチボールが出来る事。つまり、こちらが会話の主導権を握っている範囲内で会話が成立する感じです。

 最後は上級。これは相手が投げかけてくる話題についての言葉が分かり、更にそれに合わせた受け答えが出来るレベルです。かなり広範囲なボキャブラリーが要求されます。但し、ここまで来ると分からない範囲の言葉をその場で聞きながら会話を成立させていく手法も出てきます。柔軟性さえあればなんとかできるようななってきます。

 

このように段階分けしながら学習する意識を持つ事で身近にある目標が見えながら進める事が可能となります。

 

次回は種類別に分けて習得する話をさせて頂きます。

 

良ければこちらのyou tubeチャンネルで英語学習をしてみて下さい。

 

外大商社マンの実用英語 L0 はじめに https://youtu.be/5J5rWJ8kuWg

 

生活のお役に立てば幸いです。