sin-neta日記

生活に役立つ様々なネタを提供しています!

就職活動の極意(PART7: 自分表現の仕方)

最後に自己PRの仕方についてお伝えします。

皆さんは自分の事を他人に伝えるのが苦手だと感じたことはございますでしょうか。特技が何、趣味が何、弱点が何…自分自身が1番良く知っている筈なのに、何故か表現出来ない、思いつかないことに悩んだ経験があるのではないでしょうか。では何故分からなくなってしまうのか。それは他人と比べて、身の回りの人と比べると劣っている気がして表現出来なくなっているのではないでしょうか。

 

趣味や特技は経験の深さや上手さは余り気にされることはなく、政治家でさえ最近始めたものを得意としているくらいです。流石に取得してもいない資格をもっていると偽るのはやってはいけませんが、他人との優劣が基準ではなく、あくまで自分自身が得意と感じているかの話ですので、少しでも心得のあるものであればどんどんPRしていくべきです。

 

また、表現の仕方によって受ける印象が大幅に変わる話ですが、"ひとつの事が続かない為、続かなかった数だけ趣味がある"と表現するのではなく、"様々な事に興味を持ち、取り組むまでの行動力があるから多趣味"と表現すれば印象は変わります。

 

そうやって積極的・建設的に表現する事で面接官側には良い印象を与えていける訳です。

 

生活のお役に立てば幸いです。