sin-neta日記

生活に役立つ様々なネタを提供しています!

就職活動の極意(PART6: 面接攻略法)

本日は面接への望み方について説明したいと思います。人前で話す事が苦手な人、咄嗟に聞かれた質問に戸惑う人、様々な悩みがあるかもしれません。でももし、聞かれる事が予め準備した範囲内であれば如何でしょうか。面接はある程度事前準備が出来ます。何故なら何千何百とある会社が一斉に同じ人材募集を行い、面接をしている訳ですから、当然何度も何度も同じ質問をしており、パターン化しているものです。つまり、面接を攻略するには場数を踏んで慣れる事。10社も面接を経験すれば話される内容、自身が回答する趣味や特技など、傾向が判ってくることでしょう。大事なことは回答パターンがブレない事。例えば趣味がサッカーだとすれば、趣味の話題になったときには必ずサッカーを回答する事です。部活等で辛い局面を乗り越えたエピソードなども、聞かれた際にいつも同じネタを用意しておけば忘れませんし、かなりスムーズに答える事が出来るようになります。これこそが"面接慣れ"です。面接慣れしてから本命の会社に挑むことをお勧めします。

 

また、面接には様々なスタイルがあります。圧迫面接や集団面接などが良く聞くものですが、それらに対しても基本的なスタイルは変える必要はありません。

圧迫面接は会社側が面接者に対し緊張感を与え、どの程度冷静に受け答えが出来るかを見るものですが、聞かれる内容はほぼ変わりません。何故なら会社側にとっても面接の目的はどのようなスタイルで行っても同じだからです。集団面接、これは数名の面接者に対し面接官が面接していき、同じ質問をして他者との違いを見る面接ですが、これも聞かれる内容は同じです。他者が傍に居るかどうかの違いだけで、自分の面接をすれば良い訳です。これらは面接環境を変えて面接者を動揺させたいだけなんです。どんな状況であれ、聞かれた質問に回答パターンが出来上がっていれば何も問題は無い訳です。

 

生活のお役に立てば幸いです。